スポンサーリンク

デフレスパイラルとは何か? デフレスパイラルの原因と対策を知ろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①デフレスパイラルとは何か?

→商品の価格下落が企業の業績を悪化させ、さらにデフレを激しくさせるという悪循環のこと。
※日本は90年代後半以降にデフレスパイラルに陥ったと言われている。

②デフレスパイラルはなぜ起きるのか?

→デフレの長期化が原因である。デフレの初期段階では物価の値下がりの恩恵を消費者は受けるが、デフレが長期化すると賃金が低下し、値下がりした物価でも買い控えが進んでしまう。

③デフレスパイラルの原則的な対策は?

→原則的には、金融緩和による早期のデフレ脱却である。
※金融緩和とは通貨流通量を増やすことであり、金利を引き下げ、日本銀行が金融機関から国債を買い(買いオペレーション、量的緩和)、預金準備率(市中銀行が保有する預金のうち、貸し出さず日本銀行に預けておかなくてはならない割合)を下げる。

④日本はデフレ対策として、どのようなことを行ってきたか?

→ゼロ金利政策、金融緩和、量的緩和、マイナス金利政策などを行ってきた。

タイトルとURLをコピーしました