スポンサーリンク

日本銀行(日本の中央銀行)の役割を知ろう! 金融政策の基本について学ぼう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①日本銀行(日本の中央銀行)には3つの役割がある。それは何か?

→銀行の銀行(銀行などの金融機関に融資をする)、政府の銀行(国庫金を無利子で預かる)、発券銀行(紙幣を発行する)
※銀行の銀行の役割によって、金融政策を実行している。

②日本で流通している紙幣の正式名称は?

→日本銀行券

③金融政策の大原則として、好況時に日本銀行はどのような金融政策をするか?

→金融引き締め政策(通貨流通量の減少させる)
※インフレを抑制するため。

④金融政策の大原則として、不況時に日本銀行はどのような金融政策をするか?

→金融緩和政策(通貨流通量を増加させる)
※デフレ対策として。

⑤日本銀行の金融政策は主に3つのことを行う。それは何か?

→金利政策、公開市場操作、預金準備率操作

⑥金融引き締め政策の場合、政策金利(一般の銀行に貸し付ける際の金利)をどうするか?

→政策金利を引き上げる。
※一般の銀行の金利も上がる。

⑧金融緩和政策の場合、政策金利をどうするか?

→政策金利を引き下げる。
※一般の銀行の金利も下がる。

⑨金融引き締め政策の場合、日本銀行は公開市場操作で何をするか?

→日本銀行が金融機関に国債を売却(売りオペレーション)

⑩金融緩和政策の場合、日本銀行は公開市場操作で何をするか?

→日本銀行は金融機関から国債を買う(買いオペレーション)

⑪量的緩和とは何か?

→日銀当座預金残高に目標値を設定して買いオペレーションを進めること。

⑫金融引き締め政策の場合、預金準備率(市中銀行が保有する預金のうち、貸し出さず日本銀行に預けておかなくてはならない割合)をどうするか?

→預金準備率を引き上げる。

⑬金融緩和政策の場合、預金準備率(市中銀行が保有する預金のうち、貸し出さず日本銀行に預けておかなくてはならない割合)をどうするか?

→預金準備率を引き下げる。

タイトルとURLをコピーしました